ヘルパー3級・2級資格講座

理学療法士

理学療法士−ホームヘルパー2級・3級資格取得方法

理学療法士はリハビリテーションの専門家。病気やケガ、老化などによって、身体機能に障害を持つ人に対し運動療法や物理療法などを用いてリハビリを行います。曲げる、伸ばす、立つ、歩くといった日常生活を送る上で必要な身体機能の回復を助けます。「フィジカル・セラピスト」とも呼ばれます。

医師の主な役割が病気そのものを治療することであるのに対し、理学療法士は今持っている身体機能を最大限に回復させていくために指導する役割を担います。近年は、医療の中でのリハビリテーションの占める重要性が高まってきており、理学療法士の需要も高まってきています。

理学療法士になるには、4年制の大学や短大(3年制)、専門学校等で理学療法に関する単位を履修後、理学療法士の国家試験に合格する必要があります。



実績の通信講座で資格取得!詳しい資料を無料でお届け♪
短期取得可能!ホームヘルパー資格通信講座案内


ホームヘルパー資格取得TOP

Copyright(C) 2010
ホームヘルパー2級・3級資格取得方法